女性のひげ処理方法

女性のひげ処理方法

働く女性の約半数以上がひげの処理をしていることを知っていますか?
つまり、方法はなんであれば、働きざかりの若い女性でもひげが生えていて、処理せざるを得ない状況になっています。
しかもほとんどが自己処理なのです。つまり、ひげ処理専門へ行かないで、自分で処理をしているということです。

 

女性のひげ処理方法と言えば、剃る、抜く、永久脱毛、化粧品で抑毛というぐらいしか思い浮かびませんが、あなたはひげ処理方法をどうされていますか?
女性なら顔が命、デリケートな部分に刃を当てるなんて恐ろしいことできない!と普通はなると思うのですが、それでも、男性に引かれるより、処理していた方がましです。
方法がどうあれ、とにかく、ひげがあっては会社で「ひげじょ」と陰口を言われるかもしれないのです。

 

そんなこと気にしないという強い女性がいたら見習いたいですが、ひげが生えている女性はだらしない、不潔感がある。
私生活も乱れてそう。気が強そう。男性みたい。と、あまり評価はよろしくありません。だから、賢いひげ処理方法を選択して仕事もばりばりこなしてくださいね!

 

まず、一般的な顔のひげの処理方法は、『カミソリで剃る』ですよね。
手軽に、長い間行っている処理方法だとおもいます。しかしながら、カミソリで受けるお肌のダメージは、とても大きいものです。

 

カミソリで鼻の下を処理していると、いつの間にか黒ずんでいるような気がしませんか?
実は、頻繁にカミソリで処理をしていると、メラニンが過剰生成されてしまうので、その部分が色素沈着してしまいます。
つまり、黒ずみの原因となります。

 

また、肌やひげが乾燥していると刃をあてたときに傷がつきやすくなるために、肌の角質層を削ってしまっていることもあります。
これは、お肌のバリア機能がうばってしまう行為なのです。あとで貼り付けてもダメです。

 

毎日剃っていくと、ちょっとしたことでニキビや吹き出物などの肌トラブルが起こりやすくなります。
繰り返す肌トラブルの原因は、女性のひげ対策のカミソリということもあります。

 

ただ、今顔用のフェリエなど、かわいいまゆげも整えられるような電器シェーバーがありますよね。あれなら、普通のカミソリよりも少しましなのですよ。

 

次に、便利な毛抜きですが、痛いです。無理やり毛を抜く事により、毛穴や皮膚が傷ついてしまいます。
皮膚を怪我して出血するとカサブタが出来ます、そしてその後にシミになってしまうこともあるのです。だから毛抜きで毛を抜くことだけはやめておきましょう。

 

まず手っ取り早くできるのは、今のカミソリを電器シェーバーに変えて、スキンケアを抑毛効果のあるものにしてしまってください。そうすることで、毛が細く生えにくくなって、ひげも薄くなると思いますよ。

 

⇒女性の産毛用クリームがあるって知ってましたか?